<li id="g8x8s"><s id="g8x8s"></s></li>
<dl id="g8x8s"></dl>
  • <dl id="g8x8s"><menu id="g8x8s"><td id="g8x8s"></td></menu></dl>
    <div id="g8x8s"></div>
    <sup id="g8x8s"></sup>
  • <div id="g8x8s"><s id="g8x8s"></s></div>
  • <sup id="g8x8s"></sup>
  • <sup id="g8x8s"></sup>
  • :
    マイケル?デル:AI時代は人にロボットが加わるのであり、ロボットが人を減ら?#24037;韋扦悉勝?
    www.8463098.com | 発表時間 2017-09-30 11:12:10 | 新華網 | 編集: 楊鵬展

    迈克尔·戴尔:人工智能时代是人加机,而非机减人

    全球电脑业巨头戴尔科技集团董事长兼首席执行官迈克尔·戴尔近日在接受新华社记者采访时说,人类经济社会发展已经进入新阶段,展望人工智能时代,没有必要对技术发展恐慌,未来将是人“加”机器,而非机器“减”人。

    近年,人工智能成为一个全球关注和辩论的焦点。有观点认为人工智能的迅速演进会导致人类的工作机会大?#20811;?#20943;,甚至会对人类文明造成毁灭性冲击。但戴尔表示,他本人对人工智能并不恐慌。他认为技术就是要推动?#35828;?#28508;力最大化。任何一种新技术或者新工具可以有好的用途,也可以有坏的用途。“技术发展不应成为我们害怕的理由。未来的世界一定是人与机器合作的世界。”

    正在中国访问的戴尔在采访中说,他在中国看到许多创新举措,他认为中国在电?#30001;?#21153;、移动支付以及共享经济方面都走在世界前?#23567;!?#20013;国在世界经济舞台上扮演着日益重要的角色,毫无疑?#25163;?#22269;市场在戴尔的业务格局中也是如此。”

    ?

    ?マイケル?デル:AI時代は人にロボットが加わるのであり、ロボットが人を減ら?#24037;韋扦悉勝?/font>

    コンピュータの世界大手であるデル社(Dell Inc.)のマイケル?デル会長兼最高経営責任者(CEO)は?#38271;韋郅傘?#26032;華社記者のインタビューに応じ、人類の経済社会の発展は?#24037;扦?#26032;たな段階に入り、人工知能(AI)の時代を展望して、技術の発展を恐れる必要はなく、未来は人にロボットが「加わる?#24037;韋扦ⅳ盲啤ⅴ恁堀氓趣?#20154;を「減らす?#24037;韋扦悉勝い日Zった。

    近年、人工知能は世界が注目し議論?#24037;?#28966;点となっている。人工知能の急速な進化が人類の就業の機会を大幅に削減し、ひいては人類の文明に対し?#30772;?#28357;的な打撃をもたら?#24037;趣我?#26041;もある。しかし、デル会長は、自身は人工知能に対して恐れの気持ちはないとした。同会長は、技術は人の潜在能力の最大化を推進?#24037;毪玀韋坤?#32771;えている。いかなる新しい技術または道具も良い用途もあれ?#23567;?#24746;い用途もある。同会長は、「技術の発展は、私たちが恐れる理由になってはならない。未来の世界は必ず、人とロボットが協力?#24037;?#19990;界になるだろう?#24037;日Zった。

    中国を訪問中のデル会長はインタビューで、中国で多くの革新の取り組みを目にし、中国のEコマース、モバイル決済、シェア経済の面はいずれも世界の先頭を走っていると述べた。「中国は、世界経済の舞台において日増しに重要な役割を演じており、デル社の業務構造における中国市場も同様である?#38271;趣?#30097;いの余地がない?#24037;?#21516;会長は述べた。

    (翻訳/新華網日本語)

    中日対訳のホームページへ
    010020030360000000000000011100001366505951
    青海体彩十一选五开奖
    <li id="g8x8s"><s id="g8x8s"></s></li>
    <dl id="g8x8s"></dl>
  • <dl id="g8x8s"><menu id="g8x8s"><td id="g8x8s"></td></menu></dl>
    <div id="g8x8s"></div>
    <sup id="g8x8s"></sup>
  • <div id="g8x8s"><s id="g8x8s"></s></div>
  • <sup id="g8x8s"></sup>
  • <sup id="g8x8s"></sup>
  • <li id="g8x8s"><s id="g8x8s"></s></li>
    <dl id="g8x8s"></dl>
  • <dl id="g8x8s"><menu id="g8x8s"><td id="g8x8s"></td></menu></dl>
    <div id="g8x8s"></div>
    <sup id="g8x8s"></sup>
  • <div id="g8x8s"><s id="g8x8s"></s></div>
  • <sup id="g8x8s"></sup>
  • <sup id="g8x8s"></sup>